/apps/enel-x-digital-ecosystem/templates/page-service-local

細かい解析、コストの削減、信頼性の高いデータ

各拠点における光熱費関連のすべての請求書を把握し管理することで、エネルギーに関する適切な判断を下し、サステナビリティの目標に向けた進捗報告、コストや廃棄物の削減、進捗状況の継続的なモニタリングを行なうことが可能です。 UBMは、環境報告書に必要なデータを一元化するだけでなく、CDPやSBT、GRESBなど報告書に合わせて排出係数を設定することもできます。

どのような仕組みになっているのですか?

請求書の支払を第三者が行なえる国においては、UBMを使って請求書を処理し支払まで行なうことで、支払遅延を防ぐことができます。

 

請求書の照合、検証、処理を一元化することにより担当者の負担を軽減し、処理の途中で起こりえる人的エラーを回避します。
拠点全体でのコストやサステナビリティへの取り組みなどを一元化したデータにアクセスすることで、国や自治体に提出するための環境報告書を容易に作成できます。またデータを可視化することで、温室効果ガスを算定ならびに削減し、再生可能エネルギーに関する目標を達成しやすくなります。
Energy advisory services

認定を取得

エネルエックスが選ばれる理由

サステナビリティの目標達成

エネルエックスは、企業のサステナビリティおよび脱炭素化に関する目標達成を支援します。環境報告書用データへのアクセスを容易にすることで、目標への取り組みに関するコミュニケーションをシンプルにします。

環境データの可視化

最先端のソリューションにより、企業がエネルギー使用量とコストを認識し、コスト削減の可能性を把握するのをサポートします。

リスクとコストの削減

エネルギーのリスクとコストを削減し、財務、組織、エネルギー関連のプロセスと報告を合理化するソリューションを提供します。 

柔軟なソリューション

エネルギー市場に関する専門知識と最先端の技術を駆使し、お客様のニーズを満たすソリューションを柔軟にご提案します。

コンプライアンスの遵守

お客様のデータを管理し、報告書作成のためのデータへのアクセスを容易にする上で、規制へのコンプライアンスを常に徹底しています。
Intersection X