/apps/enel-x-digital-ecosystem/templates/page-content

今後の日本のエネルギー転換

日本のエネルギーシステムは、再生可能エネルギーと電力市場改革により大きく変化しつつあります。 出力が不安定な再生可能エネルギー源を新たに構築すると送配電網に課題が生じます。電力の需要と供給のバランスを満たすのに役立つディマンドリスポンスの必要性が高まっています。

日本の再生可能エネルギー変革への道

2020年までに実施された電力システム改革により市場が自由化された日本においては、ひとつの所管省庁における世界最大の市場であり、その規模は160GWを超えるものです。その結果、電力市場は革新的であり複雑に変化しています。 例えば、2017年においてはわずか3%だった電力市場での取り引きが2020年では40%にまで上昇しました。 これは電力需給に貢献できる送配電関連のビジネスに関わることができる好機であり電力供給に変革をもたらすものです。 従来からの発電所に依存するだけでなく、企業が有するエネルギー資源の有効活用につながります。

Japanese crossing

Explore the NOC

バーチャルパワープラントとディマンドリスポンス

当社はバーチャルパワープラント(VPP)とディマンドリスポンス市場において各国ではもとより、世界規模においてもリーダー的なポジションにあります。さまざまな業界において各企業が持つ貴重なエネルギーリソースを有効に活用できるよう提案を行います。当社は現在、日本国内では東京電力に次ぐ業界第2位に位置し、全国のお客様の設備で発電された電力を集約、運用することで電力需給の安定化に貢献しています。当社のお客様においては効率よく買電量を制御することでエネルギーコストの抑制、価格変動リスク回避、再生エネルギーへの移行を進めています。

ディマンドリスポンスは成長のチャンス

独立系のリーディングマーケットプレーヤーとして、当社はVPPで複数のディマンドリスポンスの機会を提供しています。 これには、需要が供給を上回ったときにグリッドに緊急サポートを提供するためのワンダッシュリザーブ、電力のスポット市場でDR容量を提供する「ネガワット取引」、日本の新しく複雑なバランシングリザーブ市場でのDRの提供などが含まれます。 2024年に予定されている日本の容量市場をサポートするために、当社はすでに1GWを超えるDRリソースを確保しています。

Powerlines in Japan

認定を取得