/apps/enel-x-digital-ecosystem/templates/page-content

エネルエックスのネットワークオペレーションセンター(NOC)

24時間年中無休のネットワークオペレーションセンター(NOC)の詳細

Enel Xの最先端のネットワークオペレーションセンター(NOC)を通じて、国の送電網の安定性を促進し、再生可能エネルギーの取り込みを促進するために、世界最大のフレキシブルエネルギー資産のポートフォリオを運営しています。

エネルエックスの最先端のネットワークオペレーションセンター(NOC)を通じて、私たちは世界最大のフレキシブルな電力のポートフォリオを運用し、グリッドの安定性を促進し、再生可能エネルギーの導入を推進しています。

 

エネルエックスは、NOCにおいて、15カ国において6.3GW以上のフレキシブルな電力を管理し、15,000以上の企業サイトのデータをストリーミングしています。世界中のすべてのディマンドリスポンス発動は、リアルタイムで実行、管理、監視されています。

 

日本では、100以上の事業所で200MW以上のディマンドリスポンスを運用しています。各地域のディマンドリスポンス発動は、グローバルNOCによって管理されています。

 

当社のバーチャルパワープラント(VPP)およびディマンドリスポンス(DR)サービスにより、当社のお客様は、電力市場に参加し、収益化するとともに、世界の脱炭素化に貢献することができます。

 

私たちのNOCはダブリンに設立されました。継続的なオペレーションのために、継続的にテストを行い、バックアッププランを用意して、操業の安定性と安全性を担保しています。。NOCは1年365日、24時間体制で運営されています。

 

VPP参加のメリットは以下の通りです。

  • 新しい収益源になります。VPPプログラムやDRプログラムでは、ネットワークオペレーターからの信号に応じて電力の使用量を削減した企業に報酬が支払われます。これにより、参加企業が収益を得るだけでなく、地域の電力の信頼性と価格を維持することで、より広範なコミュニティに貢献しています。
  • 停電リスクを事前にお知らせします。停電リスクを事前に知らせることで、企業は停電に備えて業務スケジュールを立てたり、停電が引き起こす可能性のある損害から施設を守ることができます。
  • 送電網を支えることで、再生可能エネルギーの導入を促進する。電力は需要と供給のバランスをとる必要があります。需要と供給のバランスが崩れた場合には、50ヘルツという一定の周波数を維持しなければなりません。VPPプログラムやDRプログラムは、新たな発電所を設置する代わりに、クリーンで費用対効果の高い方法です。

 

エネルグループの一員である当社は、エネルギービジネスにおいて50年以上の経験を持ち、VPPおよびDRサービスのグローバルおよびローカルリーダーとして活躍しています。詳細については、当社にお問い合わせください。