/apps/enel-x-digital-ecosystem/templates/page-service-local

緊急容量とは

2016年4月以降、日本の一般送配電事業者(TSO)は、電源Ⅰ´と呼ばれる電力リザーブを需要家に求めています。 これらは、特に猛暑や厳寒時にグリッドが供給不足に対処するのに役立ちます。 2024年度から、この電力は容量市場と呼ばれる市場で取引されます。 お客様は、当社のバーチャルパワープラント(VPP)の一部としてデマンドレスポンスのリソースになることで、この市場に参加します。 企業は、自家発電機を起動するか、生産設備を数時間停止または調整することにより、予備電力を生成または共有します。

どのような仕組みになっているのですか?

DRへの適格性を評価する

お客様のDRディスパッチ能力について、お客様と当社で打ち合わせを行います。 これには、通常のエネルギー消費量を把握することや、どの機器の電源を落とせば施設での消費量を削減できるかなどが含まれます。

 

次に、お客様がDR参加可能な容量、報酬、契約条件、およびDR発動時の他の運用上の考慮事項に関するシミュレーションを提案します。  

DR容量の入札と契約、試験と検証

エネルエックスは入札への参加を通じて市場に参加します。 落札後、お客様のビジネスニーズに合わせて契約書を作成します。 DR参加のための機器の設置を手配し、設置と活性化検査を実施します。

VPPへの参加

当社はイベントの3時間前に通知を行うため、お客様やチームは対応期間に余裕を持って行動できます。 その後、エネルギー削減計画に従てイベントに対応し、安全にグリッド電力に戻します。 お客様は参加に対して定期的に支払いを受け取ります。

継続的なサポート

当社のチームは、お客様が正しく対応し、グリッドをサポートし、収益を最大化するための継続的なサポートを提供します。
Steel

ビジネスチャンス

ディマンドリスポンスを提供できる企業にとって、このプログラムは新しい収入源を生み出し、よりクリーンで競争力のある未来をサポートする機会となります。

エネルエックスが選ばれる理由

当社はグローバルマーケットのリーダーです

Enel Xは世界最大のC&I VPPを運営し、2022年現在、世界11ケ国で15,000社以上のグローバル企業が当社と7.9GWのデマンドレスポンスを運用しております。2023年までにはデマンドレスポンスの容量を10.6GWまで拡大することを目標としています。

現地でのリーダーシップの発揮

日本の電力市場は、VPPやデマンドレスポンス等のリソースに参加が開放されています。 エネルエックスは日本での長い活動の歴史を持ち、現在、日本で最大の独立系アグリゲーターです。

世界規模の革新、現地密着型の実施体制

Enel Xは、世界をけん引するソリューションを日本市場にも展開しています。当社は、エネルギー消費の脱炭素化、デジタル化、電動化を実現する新たな機会を提供し、お客様のビジネスの成長に貢献します。

 

現在、当社は全世界で629MWのバッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)の設備容量を管理しています。また、電動モビリティの拠点を世界を率いて拡大し、2024年には 23万ケ所 の充電ポイントを 78万ケ所にまで増設する予定です。

今後の電化計画

当社は、交通機関の電化およびV2G技術、BESS、再生可能エネルギーの購入など、ローカル市場での成長と価値創造に大きなチャンスがあると考えています。
Intersection X